■■ 知的財産ライセンス収入への道 ■■
 
特許庁に対して拒絶査定不服審判を請求していましたが審決がありました。

人気ブログランキング  ←現在の順位はこちらから。

商標登録出願 を行うと特許庁で全 件審査が行われます。


出願書類に不備がなくて問題なく特許庁で受理された場合でも、それだけ では商標登録を受ける ことができるとは限りません。



審査官が審査した結果、法的要件を満たし ていないと判断すると拒絶理由通知を出願人 に発送して意見を求めます。



これに対して出願人は出願内容を補正した り、意見を述べたりします。



この結果、審査官の心証が逆転した場合には 登録査定となります。反対に問題が解決していないと審査官が判断した場合には拒絶査定になります。



今回はこの拒絶査定を不服として特許庁に拒絶査定不服審判を行いまし た。


ちなみにこの拒絶査 定不服審判は、通常の裁判でいうと東京地裁の第一審に相当するものです。

私のクライアントで も本件は重要案件であるとして審判の行方は非常に重要なものでした。



非常に 微妙な案件でしたが、今回私たちの主張 が全面的に受け入れられ、商標登録を認める審決を得ることができました。



年 明けから縁起の良いスタートとなりまし た。



現在のブログの順位はこちらから。

☆商標登録の詳細はこちらから → 商標登録のリスクゼロを目指すファーイースト特許事務所

  審査段階で認められなくても、審判段階で登録が認められることがあります。重要な案件についてはあきらめないことも重要で す。