■■ 知的財産ライセンス収入への道 ■■
 
 特許出願の仕事をしていると図面を描く作業は必須になります。図面の作製は通常は

図面屋さんにお願いしています。

人気ブログランキング  ←現在の順位はこちらから。

 ところが問題があって、「この図面じゃだめだよ。」とお客さまからダメ出しが入ることがあります。
 最初から描き直す場合には図面屋さんにお願いしますが、軽微な修正は自分でやってしまいます。

 開業したてのころはベジェ曲線を使いこなせなくて苦労しました。なお、ベジェ曲線というはパソコンで描くことのできる曲線の一つです。

 今ではかなり凝った図形でもベジェ曲線でフォローできますので守備範囲がぐっと増えました。
 開業する前は化学式や化学に関する図形を描いていましたが、独立すると化学式だけでは許して貰えなくなります。

 化学式を描くパソコンソフトは日本で購入すると高いので、直接海外から輸入しました。手間は掛かりますが、日本で購入する場合に比較して2/3程度の価格で購入することができました。

 ただ、今では円安になっていますので、以前ほどうまみはないかも知れません。

 百聞は一見にしかず、とは良くいったもので、図面があるのとないのとでは発明に対する理解や説明に大きな違いが生まれます。適切な図面があると発明の内容の理解に非常に役立ちます。

 ☆ 現在のブログの順位はこちらから。

図面を描くには、やはり絵心が必要かな、とか思うときがあります。