■■ 知的財産ライセンス収入への道 ■■
 
 特許出願等の明細書を書くのはそんなに時間はかからないのですが、ちょっと
問題があります。 というのは、書き上げてからしばらく時間をおくと、抜けている点、足りない点、論理的におかしい点などが目に付くことがあるからです。

人気ブログランキング  ←現在の順位はこちらから。

 ですから、明細書を書き上げた後はしばらく時間をおいて、頭の中を一度フラッシュしてリセットし、再度新たな目で読み直すようにしています。
 そうすると、またあらたな欠点に気が付くことがあります。いきなり書き上げて完成、とはいかないところが難しいところです。
 また自信のなさも文章そのものに表れてしまうこともあり、この点にも気をつかっています。
 
 人の書いた文章の間違いはすぐに気が付くのですが、自分の書いた文章の誤りを探すのは大変です。
 ちょっとした間違いは自分の脳が勝手に訂正して都合の良い様に自分の文章を読んでしまうからです。

 明細書作成技術については20年選手、30年選手でも、常にこれでよいか、ということを自問しています。
 多かれ少なかれ問題意識を持っていて、ここまでできれば修行不要、とはならないようです。常に腕を磨き続けなくてはいけないのです。

 これはどの職業でも同じである、と思います。日々の研鑽が明日への道を切り拓く、ということだと思います。

 ☆ 現在のブログの順位はこちらから。


日々前進できるようでありたい、と思っています。