■■ 知的財産ライセンス収入への道 ■■
 
 日本弁理士会の主催する特許相談会に相談員として出席していて、凄い質問をする人に出会ったことがあります。
 その質問とは、
 「特許出願するのに弁理士に仕事をお願いしたいのだが、弁理士にお金を払わなくても良い方法を教えて欲しい」、というものでした。


人気ブログランキング  ←現時点の順位はこちらから。


 そんな方法がもしあるのなら、是非私も教えて貰いたい、と率直に思ってしまいました。

 ただ、無料で仕事をすることを強要するのは、相手をプロとして扱わないことになりますので、その点は気を付けるようにして下さいネ、との程度のアドバイスしかできませんでした。

 想うのですが、特許出願は実は「将来の時点のキャッシュ」に関係するものです。
 何故なら、特許出願に係る発明は現在の技術の一歩先を行くものだからです。
 世の中の技術が、やや後れて現在検討している発明の世界に追いついてくる関係になっているからです。

 ところが、多くの方の関心があるのは「現在の時点のキャッシュ」です。

 多くの方の相談に乗っていて感じるのは、「将来の時点のキャッシュ」と「現在の時点のキャッシュ」との関心の差が、そのまま知的財産に対する考え方にストレートに反映される、ということです。

 実際、知的財産の保護を怠っていて、損をした、と実感できるのは現在ではありません。通常その様に実感できるのは将来のことです。

「発明」が重要になってくるのは未来のこと。私は未来のあるべき姿を語ります。
 多くの方にとって大切なことは現在のこと。多くの方は現在のキャッシュの話を語ります。

 当然、話の歯車はかみ合わないことになります。

 発明に関係する事業を将来どの様にしていきたいのか、どの様な事業手段により実際に利益を上げていくのか、そういった将来に渡る未来へのプランがないと、折角の発明も陽の目を見ないまま埋もれていくことになってしまいます。

 将来への事業プランを見据えた上で、実際に特許出願について、大きな事業の流れの中の必要なアイテムとして特許権なり商標権を位置づけている方に出会うと、私は「さすが。」と内心感じてしまいます。

 ☆ 現在のブログランキングは35位くらいです。

特許を得ることよりも、特許をどう活用していくか、その将来への具体的事業展望こそが大切だと思います。