■■ 知的財産ライセンス収入への道 ■■
 
 共同著作者たちと出版お祝いパーティーを開きました。
 パーティーといっても、お世話になった先生や、事務局の方をお呼びしての小さな飲み会です。


人気ブログランキング  ←皆さんの一票がとても励みになります。


 共同著作者や関係者が集まって汐留のとある41階で美酒を味わいました。
 今回私たちが出版したのは小学生高学年向けの知的財産の入門書です。
 汐文社から上、中、下の三部作として、初回3000部がプレスされました。

 できれば全国の小中学校に完備できるようにしたいと思っています。

 印税で生活しようと思ったら、例えば、1冊1000円の本を著したとして、印税が5%とすれば、年間500万円稼ごうと思えば、控除される税金を考慮しないとしても年間10万部は売る必要があります。

 その領域に達しなくても、印税が入るのはとてもよいことです。

 皆さんは給料を誰かに貰っていますか?
 私は誰からも給料を貰っていません。

 給料という性格の報酬を貰うことのない私にとって、印税は一種独特の重みがあります。

 出版社の編集関係の方でこのブログを見ている人はいますか?
 私には本のネタは山ほどあります。
 もし興味があれば、ご一報お待ちしています。


 ☆ もしよろしければ、ちょこっとクリックしてブログランキングを覗いて行って下さいね。


現在、次の講演のための台本も作製中です。今年も他の弁理士と共に全国講演を実施していきます。