■■ 知的財産ライセンス収入への道 ■■
 
 先日のJR福知山線の快速電車脱線事故に関連するニュースに接する度に胸が痛みます。
 こんな事故が起こる前に何とかすることはできなかったものでしょうか。
 急なカーブに進入する前に、直線区間でスピードが出すぎていれば自動的に速度を落とす様なシステムとか、
 その気になれば実現できる技術だと思います。

 人為的なミスが仮に発生したとしても、それをフォローするフェールセーフのシステムを設置することは可能であると思います。

 しかしその一方で、システムや機械に頼りすぎる人間の姿勢に警鐘を鳴らす向きもあると思います。
 システムや機械を動かすのが人間である限り、人間がしっかりしていなければこの様な事故を防ぐことはできないという考え方です。

 技術の進展に伴い、少々のことでは事故が起きない様な工夫はあちらこちらでされてきています。
 最近の自動車も、運転技術の上手でない方の技量を自動車の機能が補うところまできています。

 日々安全の幅は広くなってきていますが、その反面、安全である限界を超えたときの被害は大きくなる傾向にあります。

 今回の事故を現場の一担当者の責任として片付けることは容易です。
 しかしそれでは潜在的な要因が事故として現実になることを防ぐことはできない様に思われます。

 危険を未然に防ぐ多重のシステムと、危険に敏感である現場の担当者の意識との組み合わせがあって初めて事故を回避して行くことができるのではないか、と思います。



★もしよろしければ、お気に入りに追加して下さいね。

お気に入りに追加



★人気ブログランキングに参加しています。カチっとよろしく。→  人気blogランキング

JR福知山線の事故でお亡くなりになった方々のご冥福と、負傷された方々の一日も早い回復をお祈りします。